<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

フランスで日本料理教室開催

f0150665_2104315.jpg
パリのエッフェル塔近くのレストランで、日本料理教室を開催しました。
f0150665_210499.jpg
なかなか週末の予定を立てないフランス人達。予約もなく、どうしたものかと思っていれば、2日前から予約殺到・・・。
f0150665_2105538.jpg
当日まで、増え続け、料理教室参加者50名となってしまった。用意していた、レシピも足りないから、慌てて刷ったけど、それでも足りず。
f0150665_211087.jpg
当日の受付もバタバタ!!良く考えたら、試食が足りなかったのも当然かあ。講師の先生、本当にどうもお疲れ様でした!そして、参加者の皆さん、トークショーのようになってしまって、ごめんなさい。また今度、開催します!


↑人気ブログランキングへ

★フランス情報サイト・エピスを運営しています!
[PR]
by net-f | 2009-10-30 21:08 | Travail

ブルトイユ城のプライベートチャペル

f0150665_21391178.jpg
扉の上のサンマルタンは16世紀の作品。
f0150665_21391552.jpg
そして扉の向こうが、ブルトイユ家のプライベートチャペルだ。
f0150665_2139198.jpg
シャルトルから取り寄せた15世紀のステンドグラスが祭壇を挟んで並んでいる。祭壇前の刺繍は、17世紀の作品と、ガイドが教えてくれた。
f0150665_21392782.jpg
もし、フランスの素敵なお城で結婚式を挙げたいなら、フランス挙式プロデュース・アンサンブルへお問合せを!


↑人気ブログランキングへ

★フランス情報サイト・エピスを運営しています!
[PR]
by net-f | 2009-10-28 21:50 | Travail

本物のアンティークの品々

f0150665_18323741.jpg
ブルトイユ城内は、博物館になっていて、ゆっくりと見学できる。
f0150665_18295836.jpg
春から秋の季節には、18世紀の服装で迎えてくれる案内ガイドが、当時のブルトイユ家にまつわる話や部屋にある調度品などの歴史的背景を丁寧に説明してくれる。
f0150665_1830395.jpg
マリーアントワネットの首飾り事件の時に、王妃に仕えていたのが、ブルトイユ家だったので、当時の首飾りを再現されたものも飾られていた。
f0150665_1832568.jpg
外では、昔、ここでパンを作っていたのだろうと思われる、料理の為の小屋や、深く掘られた、昔の自然の冷凍庫なども見ることができて、昔の人の生活様式を知るには、興味深い。この天秤量りの錘が可愛いい~と思ったのが、数週間後、パリ郊外であった、ブラドリ(バザー)で、私の買いかごへ入れる動機となった。


↑人気ブログランキングへ

★フランス情報サイト・エピスを運営しています!
[PR]
by net-f | 2009-10-27 19:05 | Divers

フランスのブルトイユ伯爵

f0150665_202762.jpg
ランチの後に行ったのは、アトリエ・フジタのすぐ近くにある、ブルトイユ城の見学。
f0150665_20271142.jpg
とても素敵な景色と、素敵な城内に参加した女性達は、うっとり。
f0150665_20361940.jpg
後ろ姿の男性が、現ブルトイユ伯爵で、シャトー内のかわいいチャペルで挙式も執り行って下さるそうだ。
f0150665_20362471.jpg
この日は、さわやかな若いプリンスにもお会いするチャンスがあり、ちょっと嬉しい一日だった。


↑人気ブログランキングへ

★フランス情報サイト・エピスを運営しています!
[PR]
by net-f | 2009-10-26 20:49 | Voyage

鹿児島県人会オーガナイズバスツアー

f0150665_18463920.jpg
このアトリエ・フジタ観光は鹿児島県人会がオーガナイザー。パレロワイヤルで8時半に集合し、バスで出発した。
f0150665_18464388.jpg
私は鹿児島県人ではないけど、誰でも参加できるというので、便乗させてもらった。アトリエ見学の後は、近くのフレンチレストランで食事をし、午後から観光するのは、ブルトイユ城だ。
f0150665_18464842.jpg
初めて会う人達と話しをしながら、楽しい昼食。観光客が訪れる場所だけあり、小さな村だけど、レストランの席数は多く、大繁盛している。食べたいお料理をリクエストできるのかと思ったけど、人数が多いので、適当に運ばれてくるお料理を受け取り、気に入らなければ、周囲の人に交換交渉をしたりと、初対面なのに、急に親近感が湧いてきた。そして、やっぱり皆で楽しく食べる食事は何より美味しい。ワインを注文したり、写真を撮ったり、出発時間が気になるのは、幹事さんだけ!?私達は、団体ツアーに参加した気分が味わえて、楽しかったけど、幹事さん本当にお疲れ様でした!


↑人気ブログランキングへ

★フランス情報サイト・エピスを運営しています!
[PR]
by net-f | 2009-10-25 18:59 | Restaurant

レオナール・フジタのメゾン

f0150665_5585892.jpg
カトリックに改宗したレオナール・フジタの郊外の家は、写真撮影禁止の為、中の様子がアップできないのだけど、とにかく彼のこだわりを隅々まで感じるインテリアだ。
f0150665_5591154.jpg
サロンや寝室、あらゆる所に藤田画家の作品やコレクションした骨董品などが、置かれている。ここにいると、本人が記録的に残した声も聞けて、彼を身近に感じることができる。
f0150665_5592422.jpg
当時の日本の芸術界では彼の作品は受け入れられなったが、フランスでは高い評価を受け、パトロンには恵まれていた。
f0150665_5593873.jpg
最後の妻、君代夫人の希望により、このパリ郊外の家の近くの墓地に眠っていたのだが、その後、パトロンが希望していた、シャンパーニュ地方へ移されている。最後には、フレスコ画に熱中していた様子が、ここのアトリエの壁画からも知る事ができる。そして、藤田画家が使っていた絵の具材は、今も解明していないものもあり、彼特有の人肌の色の出し方については、謎に包まれたままとなっている。


↑人気ブログランキングへ

★フランス情報サイト・エピスを運営しています!
[PR]
by net-f | 2009-10-22 06:26 | Voyage

メゾン・アトリエ・フジタ

f0150665_333595.jpg
エコール・ド・パリの画家、藤田嗣治のアトリエ見学を鹿児島県人会が主催し、私も便乗させてもらった。
f0150665_3341150.jpg
フランス美術専門の、美術ガイドの先生がバスツアーのアテンドを担当してくれたお陰で、藤田嗣治の事を、改めて知る機会を得た。
f0150665_3342344.jpg
パリからバスで45分程度のエッソンヌ県にアトリエが残されている。パリから離れた場所に家を買い、藤田画家が好んで過ごしたメゾン・アトリエを見学できる。資料館では、藤田画家の私物品や写真が飾られ、DVD鑑賞ができる。
f0150665_3343371.jpg
週末は入場自由で、無料!自由といっても、近所に住むボランティア達のお陰で成り立っているので、行く際には、やはり予約をした方がいい。

メゾン・アトリエ・フジタ
7, route de Gif 91190 Villiers-le-Bacle
TEL : 01 69 85 34 65 or 01 60 91 16 92


↑人気ブログランキングへ

★フランス情報サイト・エピスを運営しています!
[PR]
by net-f | 2009-10-21 03:27 | Voyage

エレン・ラヴニュ(Hélène Lavenu)さん

f0150665_2329957.jpg
2008年9月に0~1歳向けの洋服ブランド「Lulu et Brindille(リュリュ・エ・ブランディーユ)」を立ち上げたエレン・ラヴニュさんをインタビュー。
f0150665_23292045.jpg
ベビーカーと共に訪れるパパ・ママたちを歓迎する話題のカフェ「Le Poussette Café(ル・プセット・カフェ)」(6 rue Pierre Sémard 75009 Paris)には、彼女の作品が並んでいるらしいのだけど、私はまだ行ったことがない。話題のカフェなので今度一度いってみたいなと思う。
f0150665_23293880.jpg
1年前にクリエーターに転身したママからのメッセージは、フランス情報サイト・エピスのインタビューで紹介!


↑人気ブログランキングへ
[PR]
by net-f | 2009-10-19 23:43 | Travail

ヨーロッパの栗の謎

f0150665_6355485.jpg
ずっと前、独身の頃、よく一人旅行をしていた。ウィーンで、コンサートに行く途中、地面に転がっている栗を見て、とても不思議に思ったことがある。イガがないまま、むき出しでごろごろと転がっている栗を見たからだった。
f0150665_6361727.jpg
普通、とげとげしいイガがあって、そのイガごと落ちているのをイメージするけど、一つ一つの栗がそのまま転がっているから、なんだか不思議・・・。その謎は、ヨーロッパの栗が、日本のイガ栗と品種がちょっと違うから。こんな小さなことだけど、今までの不思議が解消され、ちょっとすっきりした日だった!最近、ちょっと冷え込んできて、秋らしくなってきたパリ。これから来られる方、服装にご注意を!


↑人気ブログランキングへ

★フランス情報サイト・エピスを運営しています!
[PR]
by net-f | 2009-10-19 06:47 | Divers

パリの面白い企画

f0150665_617575.jpg
やっぱりパリは面白い!と思うのは、企業が上手くクリエーターとコラボしているところ。
f0150665_6172060.jpg
今回のこの企画、ホテル内に、スポンサーの冷蔵庫が並び、その中を各クリエーターが自由なアイデアで、デコレーションしている。
f0150665_617308.jpg
この冷蔵庫を装飾した、フラワーコーディネーターが訪問客に説明している。こういうシーンが沢山あるから、パリでは、デザイナー・クリエーターが育つし、全世界から、集まってもくるのだろう。
f0150665_6174076.jpg
そういう企画を受け入れるホテル、日本では珍しいのでは?それにしても、このバカラのアンティークのランプが素敵~。


↑人気ブログランキングへ

★フランス情報サイト・エピスを運営しています!
[PR]
by net-f | 2009-10-17 06:15 | Travail